MENU

大阪から東京の安い引越し業者をお探しならプロスタッフがおすすめ

大阪から東京への引越しは距離が遠いこともあり料金も近距離と比べて非常に高いのが普通です。加えて引越し業者間の見積もり額の差も大きい傾向にありますので、できるだけ多くの見積もりを取らないと損をする可能性が高いです。

 

しかし、長距離輸送を得意とする引越し業者はどちらかというと少数派で、やみくもに複数の業者から見積もりを取るのは時間の無駄になります。長距離輸送を得意とする引越し業者に絞って見積もりを取ることが安い費用で済ます大切なポイントです。

 

そこで、このサイトでは関西と関東に拠点を持ち大阪から東京への引越しを格安料金で提供する引越のプロスタッフという会社をご紹介します。

なぜ大阪から東京への引越しを安くできるの?

大阪から東京への引越しを安くするには、500km以上の移動に掛かるコストをいかに抑えるかに掛かっています。1台のトラックで1件のお客様の荷物を運搬するチャーター便では、大阪東京間の高速料金、燃料費、人件費を1件のお客様が負担しなければいけない為、結果的に費用も高くなってしまうのです。

 

プロスタッフは1台の大きなトラックに複数のお客様の荷物を積み合わせる混載便によって、長距離輸送のコストを削減し格安のサービスを提供することができるようになりました。さらに大阪と東京周辺に拠点を複数置いて、混載便だけでなく帰り便を集め空荷でトラックを走らせないように努力しています。

 

通常、プロスタッフのような小さな引越し業者では大阪府から東京都への長距離引越しは苦手とすることが多いのですが、拠点を作り、積極的に便集めを推進することで、長距離引越しに特化し大手とも戦える体制作りを進めています。

 

大阪から東京への引越しを少しでも安くしたいと思っているならプロスタッフにご相談ください。

 

電話で見積もりが聞けるから料金比較や相場の確認にも便利

大阪から東京への引越しを安くするには、長距離輸送が得意な業者からたくさん見積もりを取ることだと前述しました。その時の最大の障壁となるのが訪問見積もりです。

 

インターネットで引越しの見積もりが取れるように謳っている業者は多いですが、実際にネットだけで見積もりしてもらうと、もらえるのはおおよその金額という会社も珍しくありません。正確な料金の提示は訪問見積もりを受けてからというところが多いはずです。

 

訪問見積もりは平均1時間程度の時間を要しますので、時間に余裕が無い人にとって複数の会社から見積もりを取ることは難しくなります。

 

プロスタッフでは特に単身の荷物量が少ない引越しでは電話で確定の見積もり料金をお伝えしています。荷物量が多い家族荷であっても他社の見積もりがあるのであれば、電話でもより正確な見積もりができると思います。

 

大阪から東京への安い引越し業者探しのために、できるだけ多くの料金を聞きたいときにプロスタッフの電話見積もりがおすすめです。

大阪府〜東京都間の引越しの見積もりを安くするためのコツ

大阪府から東京都への引越しを安くするには、複数の長距離輸送が得意な業者から見積もりを取る以外にもあります。ここでは見積もりを取ったけど、予算にはまだまだ及ばない人のために、見積もりを安くするためのコツをご紹介します。

 

引越し業者が忙しい日を避ければ激安に

引越し業者が忙しい日は料金も高騰します。特に繁忙期と呼ばれる春の季節は、それ以外の時期と比較して2倍、3倍といった料金を請求されることも珍しくありません。

 

さらに長距離の場合は、近距離の引越しを数多くこなした方が稼げるからと、相場以上に高い料金を吹っかけられる引越し業者もいます。高いと言ってもその分サービスが良いことはなく、むしろ大量のアルバイトでサービスの質は落ちているので全くお得感はありません。

 

繁忙期以外も月末、休日、大安や友引も忙しい日となる条件になっているので、もしこれを避けて暇な日に大阪から東京への引越しをすることができるのであれば、大幅値引きの期待感も高まります。

 

個人的には仕事を休んでも元が取れるほどの値引きを受けられると思いますので、ぜひ可能な方は挑戦してみてください。

 

持っていく荷物を少なくして格安引越し

持っていく荷物を少なくしたら引越し料金が安いのは当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、現在のお住まいで処分仕切れないからとりあえず持って行って欲しいと言われる方は意外に多いです。

 

また、大阪から東京のような距離が遠い場所への引越しはお荷物一つ一つあたりの金額も近距離と比較して上がっているので、時には持っていくより新居で新たに買い直す方が安い場合だってあり得ます。

 

真っ先に候補に挙げたいのが大きな荷物です。買ってからかなり経つ電化製品は持って行ってもすぐ壊れる可能性もありますし、最新の機器は省エネ性能がすごいので、電気代だけで元が取れることだってあります。

 

また荷台で余分なスペースを取る自転車も購入額が安いのであれば、買い直しの候補としては上位に入る荷物です。

 

荷物をできるだけ減らし、その処分についても費用が掛からないような方法を考えてみましょう。リサイクルショップでの買取り、フリマアプリでの販売、最近では故障品であっても無料引き取りできるようなサービスもたくさんあります。

 

それらを活用し、処分費用が掛からないようにすればトータルでの引越し費用はぐっと安くなります。

 

荷造りをうまく荷物量をコンパクトして引越し費用を節約

荷物を処分するのではなく荷造りをうまくすることで、荷物量を減らすこともできます。例えばダンボールを全て隙間なく埋めるのは書籍や食器の場合は難しくなります。形状を変えやすいタオルやハンカチなどを隙間に埋めることで、ダンボールの個数を減らすことができるかもしれません。

 

また単身パックなどを活用する場合には、あらかじめ家具類を分解しておくことで、その容量をコンパクトにできる場合があります。例えばスチールラックなどはその代表格で、そのままの状態で載せれば余分なスペースをたくさん作ってしまうことになります。

 

大きめのカラーボックスなども分解した方が良い場合があります。棚に荷物を置いた状態で積み込みできるならそのままでも良いかもしれませんが、そうでなければ分解した方が荷物量は少なくすることができます。

 

トラックの到着時間を指定しない

大阪から東京のような長距離引越しを混載便で運ぶ場合、運搬するルートによって時間が変動します。時間指定により引越し業者が遠回りや待機をすることになれば、それだけ料金アップの可能性が出てきます。

 

可能であれば到着時間を指定しないことで、より安い料金で引っ越しできるでしょう。

 

梱包用資材を自分で収集する

梱包用資材、とりわけ段ボールは皆さんが思っているより高価です。引越し業者が無料でくれるからと安易に考えがちですが、結局は料金に上乗せされており、自分で収集することで値引き要求は可能です。

 

ただし、引越しに耐えうるにはそれなりの硬度が必要で、ダンボールならなんでも良いという訳ではありません。またサイズがバラバラだとトラック内で積み重ねが出来ないので、荷物が載らないといった事態も起こりかねません。

 

最近引越しした知人から譲り受けるのが現実的な方法でしょうか。また荷物量が少ない単身引越しであれば、そこまで厳密でなくても良いと思います。ただし、トイレットペーパーやお菓子のダンボールは柔らかすぎるので梱包用としてはおすすめできません。

 

大阪から東京の引越しを少しでも安い費用で依頼するために、ぜひこれらの情報を有効活用してください。

プロスタッフの拠点

大阪方面と東京方面を対応するプロスタッフの支店情報をご紹介します。

 

大阪方面

本社営業所

〒614-8184 京都府八幡市上津屋八丁27
TEL 075-983-3751/FAX 075-983-3191

阪神支店

〒554-0032 大阪府大阪市此花区梅町2丁目2-82
TEL 06-4804-7888/FAX 06-4804-6889

 

東京方面

横浜支店

〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町2073
TEL 045-540-0783/FAX 045-540-0784

千葉支店

〒263-0001 千葉市稲毛区長沼原町208-1
TEL 06-4804-7888/FAX 06-4804-6889